債務整理の盲点。

月刊誌のチラシ、タブロイド紙、電柱に見られる広告やDMなどで、「負債の整理します」「債務をひとつにしたくありませんか」というような売り文句を見ることがありますよね。

これらは、「片付け屋」「買取業」「紹介業者」という名の業者の宣伝の場合があるということです。

そのようなものを依頼したときには破産申立手順の中で最重要な免責認定をもらえない恐れがあります。

「整理屋」はDMなどで借金のある人を引きつけすさまじい料金を出させて債務整頓をしますけれど結局は整頓はされず、負債人はより債務スパイラルにはまる失敗がほとんどと思われます。

「買取屋」の場合、分割払いで、デジタル用品、コンサートの券などを多量に仕入れさせ、当人から買った品物を買った値段の30%ー半値で購入するという手段です。

依頼者は瞬間的には金銭が手に入りますが必ずクレジット会社経由の品物の完全な支払いが届き、現実には負債をアップさせるだけです。

この場合だとカード会社に対しての詐欺ということで免責許諾をもらえません。

「紹介業者」は大口のサラ金から断られるようになった債務者に直接の提供はしないでおいて、金貸しをしてくれる関係無い店を呼んで、常識外の費用を要求する企業です。

紹介業者は手の込んだ苦労で資金提供可能になったように報告しますが現実には何もしないまま、単純に選考の甘い会社を説明しているというだけなのです。

このケースも結局は借金額を悪化させるだけです。
簡単に借金を減らす方法を知っていますか?