小説なら債務整理はプロローグに過ぎない

雑誌の折込チラシ、スポーツ新聞紙、電話ボックスに張り付けられた宣伝広告やダイレクトメールで「借金の効率化任せてください」「多重借金を一本化したくないですか」というような宣伝を見ることが多いです。

それらは、「片付け屋」「買取専門人」「紹介人」と呼ばれている企業の広告の場合もあるのです。

使ったケースでは破産手続きの中で一番大切な免責決定を受けられなくなるリスクも存在します。

「整頓屋」とはダイレクトメールなどで負債者を引き寄せ相当な料金をもらって整理を行いますが、結局のところ借金整理は行われず、債務人はもっと負債地獄にはまってしまう結末がすべてと言えます。

「買取屋」というのは、借金者の分割払いで電化用品、旅行の券などをたくさん注文させて、負債者からその品目を販売額の20%~40%で購入するというやり口を使っています。

一時は現金が手に入れられますがいずれクレジット企業による商品価格の定価の支払い要求が届き、実際のところ債務をアップさせることになります。

クレジットカード業者への詐欺に当たるということになり免責承認をもらえなくなります。

「紹介屋」というのは、名の知れた貸金業者から断られるようになった負債者に対し、直接的な資金提供は全くせずに、資金提供をしてくれる異なる同業者を知らせ、すさまじいサービス料を請求する業種です。

紹介者は高度な手引きで融通してもらったように説明しますが、何もしておらず、ただ審査のゆるいサービスを知っているということなのです。

この場合でも負債を増加させることになります。
借金で生活苦だった私が救われた方法