ピクシーの日常

うちのピクシーは、とても元気で、おもちゃで遊んだり、走りまわったりすることが大好きなわんちゃんです。今は、元気な姿で安心しているのですが、年をとってくると健康のことが気になってきます。そこで、健康診断を受けさせてみようと思っていて、情報を集めたのでお伝えしたいと思います。 健康診断の料金は、病院によってまちまちです。受ける検査項目によって異なってきます。近くの獣医さんでは、血液検査、尿検査、検便をしてくれて、5千円程度でした。参考になるかは分かりませんが、相場は5千円から1万5千円程度だと思います。こちらの希望によって、検査項目を増やしたり、減らしたりできます。 犬の年齢は、小型、中型犬で7歳以上、大型犬で5歳以上がシニア世代と言われるそうです。年を重ねれば、病気の進行が早くなり、気付いたときには手がつけられない程、ひどくなっていることもあります。早く病気を見つけてあげるために、定期的な健康診断は必要かと思います。少なくとも、5歳以下なら年に1回、5歳以上では年に2回、健康診断を受けさせてあげるといいです。 犬のシニア世代の死因は、癌が多いです。予防接種などの獣医療が発達して、感染症による死因が減ってきた結果だそうです。癌は、早期発見、早期治療が原則なので、早めに健康診断を受けさせてあげると良いです。早期に発見すると、癌の種類によっては完治することも可能だそうです。 お家でもペットの健康を気遣うことができます。目に目ヤニや涙が溜まっていないかどうか。毛ヅヤはつやつやしているかどうか。口の中から嫌な臭いがしないかどうか。食欲があるかどうか。日頃からチェックしていると、犬の異変に早く気付くことができます。 健康診断を受けさせてあげる際に、今回の情報を少しでも役立ててくれると嬉しいです。ペットには、いつまでも健康でいて欲しいですよね。可愛い愛犬と、少しでも長く、素敵な時間を過ごしていただければ幸いです。 横須賀のおすすめ美容院