子供に「読めない・・・!」系の名前をつける流行って、いつまで続くのかな?

娘が中学に入った。

中学進学時に、仲の良い友達とは別れ別れになってしまうので心配していたら、

 XXちゃんとは同じクラスになったから大丈夫

と言っていた。

その時に思ったのが、

 今時の子供の名前は、スゴいよな

という事。

娘の友人の場合は、さほどでも無いのだけど、クラスの名簿など見ると、

 凝り過ぎだろ!?

とか、

 読めねーよ!!

などと言いたくなってしまう名前が並んでいる。

いっそ、裏を書いて

 太郎、花子

という名前にしたら斬新かも知れない。

しかし、子供の名前に凝りたいというのは、親にしてみたら当然の話だしなぁ・・・。

そう言えば、昔、自分の田舎(東北)で、孫に

 旭(あきら)

という名前を付けようとした婆様が居た、という話を聞いた。

「小林旭」の大ファンなので、孫にも同じ名前を付けようとしたらしい。

しかし・・・。
なにしろ婆様なので、どういう字だったか思い出せない。
さかんに、戸籍係の窓口で、口で説明をするのだが・・・。

なにしろ東北の話なので、言葉は全て訛っている。
困った戸籍係は、聞こえる通り、

 彼方(あちら)

という名前にしてしまった、という話だ。

真偽の程は判らないが、名前が話題になると、うちの田舎では良く出る話だ。

看護師求人なら非公開情報看護qz.jp