生活

急なピンチに!

急なピンチに!

(公開: 2014年3月23日 (日)

資産に余裕があると言える人ってなかなかいませんよね。
あればあるほど安心感を得ることができるので、いくら貯めても満足感は得られないはずです。
何が起こってもおかしくない世の中ですので、いざというときの資金は準備しておくのが正解です。

ちなみに私は、お財布に絵あればあっただけ使ってしまう癖があるので、なるべく現金は持ち歩かないようにしています。
急な出費の時はコンビニでも引き出すことができますし、クレジットカードでも対応できますからね。

今どきはクレジットカードで現金化できるサービスもあるようです。

参考サイト:クレジットカード現金化って?【クレカ換金】

5919767.jpg
参照:http://t.pimg.jp/005/919/767/1/5919767.jpg

趣味を仕事にしたいなら

趣味を仕事にしたいなら

(公開: 2014年3月22日 (土)


総合的にみて会社自体は途中採用した社員の教育に向けてかける期間や出費はなるべくセーブしたいともくろんでいるので、自力で役に立てることが求められているのです。
職業安定所では、各種の雇用や企業運営に関連した社会制度などの情報があり、このところはいよいよデータ自体の取り扱いも飛躍してきたように見取れます。
ある日偶然に知らない企業から「ぜひ当社で採用したい」という可能性は荒唐無稽でしょう。内定を数多く出されている人はその分たっぷりと不採用にもされているものなのです。
【応募の前に】面接選考では終了後にどこが今回の面接においていけなかった部分なのかということについてわざわざ教えてくれる親切な会社は一般的にはないので、応募者が自分で直すべき点を確認するのは非常に難しいのだ。
おしなべて企業というものは働いている人間に向けて、幾らくらいの好都合の条件で勤務してくれるのかと、どれだけ早く企業の具体的収益に続く能力を活用してくれるのかだけを見込んでいるのです。
あなた方の周囲の人には「自分の好みの傾向が確実にわかっている」人はいるでしょうか。そんな人こそ会社が見た場合に役立つ点が使いやすい人といえます。
有名な成長企業でも、明確に何十年も何も起こらないということではない。だから企業を選ぶときにそこのところについてはしっかり情報収集するべきだ。
苦境に陥っても重要なのはあなた自信を信じる強い心です。必然的に内定されると思いこんで、あなただけの人生をしっかりと歩んでいきましょう。



私の、ささやかな、趣味

私の、ささやかな、趣味

(公開: 2014年3月20日 (木)

私の唯一のささやかな趣味、ベランダ菜園!仕事で心がささくれ立ってる私の心の癒しであります。自分の育てたお野菜をつまみに飲むお酒・・・もとい自棄酒^^;はとっても美味しいですよ~♪

しかし最近色々なものに手を出しすぎて今の部屋のベランダではちょっと手狭になってきました。夏には今住んでいるマンションの契約満了となるので、それより前に引っ越ししようかなと考えています。

現在は都内に住んでいるのですが、今の職場が桜木町なので次に引っ越すなら横浜市内にしてみたいな。場所にもよるだろうけど川崎の方でも良さそう。契約更新のタイミングが今年の末なのでそれまでに何かいい物件を見つけれたらと最近は賃貸情報を色々と見ています。二俣川 賃貸なんかも結構良さそうですよね~。


ハウスクリーニングの説明

ハウスクリーニングの説明

(公開: 2014年2月19日 (水)

ハウスクリーニングとは家の中を掃除することをいいます。とくにプロ業者に頼んで家の中をきれいにしてもらうことをハウスクリーニングとよぶこともあります。

このようなプロの業者に頼んで、おこなう家の中の掃除としては、自分でおこなった場合にはなかなかきれいにできないというような部分です。たとえば専門的な知識がなければ中を開けたりできないというような機械のようなものの掃除です。

特別な道具がなければ掃除をすることができない、人の手が入ることのできない狭い場所などを掃除するという場合もそうです。またひとりでは持ち運びができないというようなものを運んで掃除をするというような場合にも、プロの業者が雇われるというときがあります。

プロの力のある業者が数人がかりで運べば、運びづらい重たいものも運んでその周辺などを掃除することができます。またプロのハウスクリーニングに任される場合には、家のなかを全部まるごと掃除したいというような場合もあげられます。

そのような場合も数人のプロの業者が細かい段取りを決めて、それぞれ分担して掃除をおこなうということにより、ひとりで掃除したのでは何日もかかるような掃除をより短い時間でおこなうことができます。

小説なら債務整理はプロローグに過ぎない

小説なら債務整理はプロローグに過ぎない

(公開: 2014年2月12日 (水)

雑誌の折込チラシ、スポーツ新聞紙、電話ボックスに張り付けられた宣伝広告やダイレクトメールで「借金の効率化任せてください」「多重借金を一本化したくないですか」というような宣伝を見ることが多いです。

それらは、「片付け屋」「買取専門人」「紹介人」と呼ばれている企業の広告の場合もあるのです。

使ったケースでは破産手続きの中で一番大切な免責決定を受けられなくなるリスクも存在します。

「整頓屋」とはダイレクトメールなどで負債者を引き寄せ相当な料金をもらって整理を行いますが、結局のところ借金整理は行われず、債務人はもっと負債地獄にはまってしまう結末がすべてと言えます。

「買取屋」というのは、借金者の分割払いで電化用品、旅行の券などをたくさん注文させて、負債者からその品目を販売額の20%~40%で購入するというやり口を使っています。

一時は現金が手に入れられますがいずれクレジット企業による商品価格の定価の支払い要求が届き、実際のところ債務をアップさせることになります。

クレジットカード業者への詐欺に当たるということになり免責承認をもらえなくなります。

「紹介屋」というのは、名の知れた貸金業者から断られるようになった負債者に対し、直接的な資金提供は全くせずに、資金提供をしてくれる異なる同業者を知らせ、すさまじいサービス料を請求する業種です。

紹介者は高度な手引きで融通してもらったように説明しますが、何もしておらず、ただ審査のゆるいサービスを知っているということなのです。

この場合でも負債を増加させることになります。

債務整理の盲点。

債務整理の盲点。

(公開: 2014年2月 8日 (土)

月刊誌のチラシ、タブロイド紙、電柱に見られる広告やDMなどで、「負債の整理します」「債務をひとつにしたくありませんか」というような売り文句を見ることがありますよね。

これらは、「片付け屋」「買取業」「紹介業者」という名の業者の宣伝の場合があるということです。

そのようなものを依頼したときには破産申立手順の中で最重要な免責認定をもらえない恐れがあります。

「整理屋」はDMなどで借金のある人を引きつけすさまじい料金を出させて債務整頓をしますけれど結局は整頓はされず、負債人はより債務スパイラルにはまる失敗がほとんどと思われます。

「買取屋」の場合、分割払いで、デジタル用品、コンサートの券などを多量に仕入れさせ、当人から買った品物を買った値段の30%ー半値で購入するという手段です。

依頼者は瞬間的には金銭が手に入りますが必ずクレジット会社経由の品物の完全な支払いが届き、現実には負債をアップさせるだけです。

この場合だとカード会社に対しての詐欺ということで免責許諾をもらえません。

「紹介業者」は大口のサラ金から断られるようになった債務者に直接の提供はしないでおいて、金貸しをしてくれる関係無い店を呼んで、常識外の費用を要求する企業です。

紹介業者は手の込んだ苦労で資金提供可能になったように報告しますが現実には何もしないまま、単純に選考の甘い会社を説明しているというだけなのです。

このケースも結局は借金額を悪化させるだけです。